ウルフピーは害獣を寄せ付けない

ウルフはオオカミ、ピーは英語で「おしっこ」のことを言います。つまりオオカミのおしっこがウルフピーです。

ネコ撃退の情報をお届けします。

主に田畑の獣害を失くす目的で販売されています。

今、評判なのはこちらの朝日新聞デジタルの役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

現在、田畑の獣害軽減策には実に様々な方法が用いられています。
周囲に柵を立てたりネットを張ったり、そこへ電流を流したり、毒えさで駆除したりと、人間にも危険なものを利用することがあります。
それほど、被害が深刻だと言ってよいでしょう。
かつて日本にもいたオオカミですが、人間によって絶滅へ追いやられてしまいました。
それこそが作物の獣害の原因とする考え方もありますが、ウルフピーはそこを逆手に取った形です。

オオカミのおしっこを散布することで、害獣の本能を刺激し、天敵がいる、危険であると感じさせて作物から遠ざけよう、と言うものです。


周囲に触れると電流が流れる仕掛けでは、触れた人間にも危害が及び、実際に事故も報告されています。


毒えさなどはペット、子どもが触れることも起こりうるものです。


その点ウルフピーは散布する方法なので人間やペットなどへの影響は少なく、殺したりけがをさせる訳ではありませんので害獣に対しても穏便な方法です。


少し気になるのは臭いですが、この点もそれほど心配する必要はありません。



ペットの犬の散歩が盛んにおこなわれていますが、彼らは日常的におしっこを路上で行っています。

しかし「犬のおしっこ臭くて勘弁してほしい」などの苦情は聞いたことがありません。

ウルフピーに関しても、同等のにおいだと考えれば、散布量さえ間違えなければ全く問題はないものです。