ウルフピーが害獣を寄せ付けない理由

ウルフピーとはオオカミのおしっこのことを言います。

ネコ撃退ってとにかくお勧めなんです。

散布することで田畑を荒らすイノシシやシカなどの害獣を寄せ付けない効果が期待できるもので、特に山間地などに田畑を持つ方には強い味方となっています。

goo ニュースの知りたかった情報がきっと見つかります。

日本の山々にも、昔は野生のオオカミが暮らしていました。

明治に狂犬病などの危惧から狩りの対象とされたこと、山が人間の手によって荒らされたことなど、様々な原因があるとされますが、現在は絶滅しています。


オオカミがいた頃より、獣害が増えたのでは、と言われることもあり、改めてオオカミについて注目する動きも見られます。

そもそも「オオカミ」とは「大神」である、と言うように、信仰の対象でさえあった存在で、生態系を保つために重要な存在だったとも言われます。
日本人が山そのものを神としたことも関係するでしょう。


そこに暮らすオオカミは、怒らせてはならない神聖なものだったようです。


田畑を荒らす動物たちは、ほとんどがオオカミを天敵としていました。



山に住み、害獣を減らす役割をしていたのが狼です。

ウルフピーが効果的だと言われるのは、絶滅して久しいものの、いまだ害獣たちの本能には狼に対する恐れが染みついているから、と言えます。

自然への畏敬の念を忘れたために起こっているとも言える獣害ですが、ウルフピーを使うことで多くは回避できます。

殺すのではない、忌避剤としての有効性は、人間よりも動物の方がよく知っているものなのかも知れません。